避妊薬は日本ではまだまだ普及率が低く避妊方法としてはコンドームの方が有名ですが、避妊の確立はピルなどの避妊薬の方があるのが現状です。男性依存での避妊よりも女性が自ら避妊した方が確実ですし安心感もあります。もっと避妊薬を広めていきましょう。

生理前に避妊薬を個人輸入したが遅い

昨今のシングルマザーの多さや、所謂できちゃった婚の多さを見ても分かるように特に若者の間では避妊をせずに性交渉を行うケースが増えています。本当にお互いが将来を考えているのであれば良いかもしれませんが、やはり妊娠を目的とした性交渉はきちんとした関係が築けてからが望ましいと言えます。
避妊をしないのであればそもそも妊娠しても仕方がありませんが、挿入中にコンドームが破けていたなどの性交渉中のトラブルも十分に有り得ます。そうしたトラブルで妊娠してしまっては誰も喜びません。そこで利用しておきたいのが避妊薬です。避妊薬は女性が服用しておくことで効果を発揮して、コンドームなどの男性用避妊具の着用がなくてもかなり高い確率で避妊をすることができます。避妊具と避妊薬を併せて使用すると避妊の可能性は更に高くなりますので、より安全に安心して性交渉を楽しむことができます。
避妊薬には2パターンあり、普段から服用しておくものと性交渉後に服用するものがあります。服用する側としては後者の方が楽ではありますが、より高い効果を望むのであれば普段からの服用が望ましいと言えます。ただし、それには正しい飲み方がありますので厳守する必要があり守られなければ効果が得られないこともあります。
その飲み方とは生理が始まってから飲みはじめるというもので、生理後7日目までに服用が開始されなければ次の生理まで待つことになります。この避妊薬は個人で輸入することも可能で取り扱っている業者は多数あります。業者によって値段に差がありますが中身は同じなので自分が気に入った業者を使うと良いでしょう。ただし、服用開始までに余裕を持って注文しなければ業者によっては手元に届くまでが遅いこともありますので注意が必要です。また、大手ショッピングサイトなどでは購入できないことにも注意が必要です。