避妊薬は日本ではまだまだ普及率が低く避妊方法としてはコンドームの方が有名ですが、避妊の確立はピルなどの避妊薬の方があるのが現状です。男性依存での避妊よりも女性が自ら避妊した方が確実ですし安心感もあります。もっと避妊薬を広めていきましょう。

避妊薬で中に出したら受胎調節は可能?

妊娠しない為に避妊薬を飲むという方は少なくないと思います。
そもそも避妊薬は妊娠予防を目的としている受胎調整薬の1つですから、これは間違った考えではありません。
しかし中には避妊薬=中出ししても絶対大丈夫という勘違いを持っている方も多いから困ったものです。

というのも、経口避妊薬(ピル)は市販されていないので、どうしても病院に行っていなければ購入する事は出来ません。
女性が主体的に使え、正しく使えば効果が高いものですが、体質や年齢、病気などによって使えない。毎日飲まないと意味が無いなどの短所が見られます。
効果的には一番高いですので中出ししてもだいぶ防げますが、心配ならばいくつかを組み合わせる方法もあります。また、これは男性側の話ですが、殺精子剤といって射精された精液中の精子を殺すという薬剤も。
これに関しては挿入してから射精までに時間がかかると効果が少なくなってしまったり、性行時に使う為にムードが壊れてしまうといった短所もあるため、あまり利用するという方は少ないようです。

子宮に直接器具を入れるタイプの子宮内避妊器具(IUD)も効果は高いですが、月経量が増えたり不正出血や腹痛といった不調を起こす事もあるので定期的検査を受ける必要があります。

また、コンドームや女性用コンドームのペッサリーは男性の協力が必要であったり、着脱の練習が必要といった短所があります。使用法を誤ると普通に妊娠してしまいますから、これらに関しては100%大丈夫とはいえないと思います。

受胎調節によって妊娠成立を一時的に避ける事は家族計画の上でも、望まない妊娠をしない為にもとても大切な事。ですが、それを実行する為には避妊はもとより男女の相互理解が最も大事な事であるといえるのではないでしょうか?