避妊薬は日本ではまだまだ普及率が低く避妊方法としてはコンドームの方が有名ですが、避妊の確立はピルなどの避妊薬の方があるのが現状です。男性依存での避妊よりも女性が自ら避妊した方が確実ですし安心感もあります。もっと避妊薬を広めていきましょう。

避妊薬はコンドーム以上

避妊薬は女性ホルモンを抑制することで妊娠しづらくさせる薬で、一般的にピルと呼ばれ、世界中で広く普及しています。女性ホルモンと妊娠には密接な関係があり、女性ホルモンが分泌されることで受精および妊娠しやすい環境が出来上がるとされています。女性ホルモンの内、主にエストロゲンとプロゲステロンの2種類のホルモンが生理周期に重要な役割を持ち、排卵の直前にプロゲステロンを投与すると遅延するか排卵そのものが出来なくなります。避妊薬はこの作用を起こすことで、排卵を抑えて妊娠が難しくなる状態を作ることができ、子宮内への精子の侵入を防ぐと同時に、受精卵の着床を抑制します。避妊薬を毎日飲むことでこの効果は持続し、避妊率は99.9%とされています。避妊薬の効果は24時間とされ、1日でも飲み忘れると効果がなくなるので、万一飲み忘れてしまったら、次の周期まで性行為に気をつけて控える必要が有ります。対するコンドームは手術用の手袋と同じ天然ゴムを使用した避妊具で、男性の性器に付けることで物理的な接触を断つ方法です。そのため、高い避妊効果がありますが、破れたりズレたりする可能性もあることから避妊率は90%とされ、取り扱いが大変難しいものとなっています。装着する男性でも使い方を間違えていることがあるので、アクシデントに対応するためにも、女性も装着の仕方や外し方を知っておくことが推奨されています。また、コンドームには使用期限が定められているので、古いものや期限を越えたものは使わないようにすることが大切です。避妊薬は高い避妊率を誇りますが100%ではないということを認識しておかなくてはいけません。コンドームを使用していないと、性感染症の心配もあるので、できることならコンドームと併用するのが良いとされています。