ケンペネEnglishを始める前に知っておきたいこと

ケンペネEnglishを始める前に知っておきたいこと

英会話教材ケンペネEnglishは、従来の勉強のようにつらくなったり苦しい思いをしたりせず、楽しく簡単に英会話スキルが上がるとして人気を集めています。英語が苦手な人や手っ取り早くできるようになりたい人の夢を叶えてくれる、まさに画期的な教材だと評されているのです。

このように非の打ち所がないように見えるケンペネEnglishですが、実は始める前に知っておきたいことがふたつあります。このポイントを抑えればケンペネEnglishでの成功がさらに近づくので、ぜひ教材の特徴と一緒に抑えておいてください。

ケンペネEnglishのHPへ

レッスン時間を考えておいたほうが吉

レッスン時間を考えておいたほうが吉

ひとつ目に知っていただきたいのは、レッスン時間をある程度考えておいたほうが吉ということです。ケンペネEnglishはスマホを使ったレッスン教材なので、勉強するタイミングを自由に選べるのが特徴としてあります。そのため、その魅力で選んだ人にとっては「ケンペネEnglishを選ぶ意味がないのでは?」と疑問を抱くかもしれません。どういうことなのかを順を追って説明しましょう。

ケンペネEnglishでうまくいかなかったケース

ケンペネEnglishはほとんどの人が英語が話せるように作られていますが、中にはうまくいかなかったケースがあります。それはレッスンの時間がなかなか作れなかった、というのが理由です。最初の1~2週間は頑張れたものの、そのあと急な用事でレッスンを受けない日が多くなり、気づいたらやらなくなっていた…という人が少なからずいます。

勉強のシミュレーション

ケンペネEnglishで日々動画が配信されるように、英会話の勉強では毎日少しでも英語に触れることが必要不可欠です。毎日レッスンができないという事態を避けるためには、勉強のシミュレーションをしておくのが対策となります。つまりどの時間帯なら勉強できるのか、レッスンを受ける前にあらかじめ考えておくのです。

例えば平日なら朝出勤前、昼の休憩時間、就寝前などいくつか見つけておきます。それから「普段は朝やる」と決めておけば、イレギュラーな予定が入ったときも昼や夜の時間帯に回す、という対処がしやすくなります。

記憶に定着しやすい

勉強のシミュレーションで得られるメリットは、それだけに留まりません。レッスンができそうな時間をいくつか見つけておけば、その日の動画を2~3回見ることもしやすくなります。1回だけ見れば十分な動画にはなっていますが、繰り返し見ればより早く、確実にレッスンでレクチャーしてくれることを覚えられます。

苦手な部分にも対応しやすい

1日の中で何度も見返す癖がつけば、もし万が一ケンペネEnglishの授業でわかりにくいところがあっても、その日のうちに対処することも可能です。勉強のモチベーションの妨げとなる苦手意識を持たなくなりますし、次の日以降のレッスンもスムーズに理解できるようになります。

発音できる環境を見つけておくことも大事

発音できる環境を見つけておくことも大事

ふたつ目に知っていただきたいのは、発音できる環境を見つけるのが重要、ということです。ケンペネEnglishでは、英会話が早くできるように発音練習のレッスンが中心となっています。動画を見るだけの時間もあっていいのですが、必ず1日のどこかのタイミングで発音練習できるようにしておいてください。

外出先ばかりだと難しい

特にケンペネEnglishがスマホでできるからと言って、出先で勉強をしていこうと考えている人は要注意です。電車の中や静かなカフェで、ひとり発音をするのはハードルが高いですよね。周囲の目を気にしないタイプなので大丈夫と考えている人がいるかもしれませんが、大体そういう場所は迷惑がられることが多いのでおすすめはできません。

とにかく口を動かすこと

発音練習で一番いいのは自宅です。誰にも見られることはありませんし、リラックスした状態で練習ができるので飲み込みも早くなります。「でも自宅だと家族もいるし、難しい…」と言う人は、口を動かす意識をしてみてください。

よく発音練習では大きな声を出すことが大事と言われますが、実はそうではなく、自分の口を英語に慣れさせることのほうが重要です。日本語と英語はそもそも口の動かし方が違うので、逆に言えばそれに慣れていけばスムーズに言えることも多くなります。

相手と話しているつもりで練習

もうひとつ発音練習で重要なのは、相手を想像しながら行うことです。質問のフレーズなら本当に相手に聞くつもりで、答えるフレーズなら見えない相手から質問されたつもりでアウトプットしましょう。

手紙でも相手の反応を考えながら書くほうが思いがこもりやすく、同じ言葉でも相手に伝わりやすくなるのと同じです。この点さえ抑えておけば、自宅で大きな声を出さずとも発音は上達していきます。

まとめ

まとめ

「レッスン時間を考えておくこと」「発音できる環境を見つけておくこと」が上達に繋がる。これがケンペネEnglishを始める前に知っておきたいことです。決して難しいことではないので、ぜひ実践してもらえたら嬉しく思います。

ケンペネEnglishのHPへ トップページを見る