避妊薬をもっと普及させようの会

避妊薬は日本ではまだまだ普及率が低く避妊方法としてはコンドームの方が有名ですが、避妊の確立はピルなどの避妊薬の方があるのが現状です。男性依存での避妊よりも女性が自ら避妊した方が確実ですし安心感もあります。もっと避妊薬を広めていきましょう。

避妊薬はもっと活用されるべき

避妊薬、いわゆる「ピル」は1960年代のアメリカで初めて開発に成功して以来、世界中で使用されるようになった薬の一つです。
かつては副作用のリスクが無視できないものであったこともあって利用は必ずしも勧められるものではなかったのですが、現在ではその副作用についても大部分が改善されており、先進諸国を中心としてかなり高い支持を受けるに至りました。
さて、しかしながら日本国内においてはまだ今ひとつ普及しきっていない部分があることは否めません。
その背景にはさまざまなことがあるでしょうが、少なくとも避妊薬はもっと活用されるべきであると言って良い状況にあるのです。
この根拠としてはまず「できちゃった婚」と呼ばれる妊娠後に結婚するケースの離婚率の高さが挙げられます。
もちろんそうした形で結婚しても幸せな暮らしを手にしている人はいますが、現実としてできちゃった婚で結婚した夫婦の離婚率はそうでない夫婦と比べても高い状態にあります。
これは子どもを育てることが出来ない男女の間に子どもが生まれてしまったことによってさまざまな問題が生じることが理由ですが、そうなれば最も不幸になるのはそこで生まれた子どもです。
しかし避妊薬は適切な利用さえすればほぼ100%の確率で避妊できるわけですから、そうした不幸な結末を迎えないためにも重要と言えるのです。
加えて理由として挙げられるのは、正しい服用をすれば生理不順やPMSといった症状を緩和できる効果が期待できるからです。
これらの症状を抱えて生活に負担を感じている女性は多く、その治療のために鎮痛剤などの対症療法を行う人も多いものです。
ですが避妊薬、ピルは女性ホルモンを体に供給することでそうした症状の多くを緩和できるわけですから、活用の幅は非常に広いと言えるのです。
こうした理由があるからこそ、日本においても避妊薬はもっと活用されるべきであると言えるわけです。
避妊薬はコチラ↓
低用量ピル
まとめ買いもおすすめです↓
トリキュラーの通販